歌詞

【歌詞】孤高の天使

【孤高の天使】
作詞:南 咲希 作編曲:yu∞

暮れなずむ夕焼けに そびえ立つは
『解放』を願った少女がひとり
侵されてゆく 闇の太陽 空の色も見上げられず

どうしてこんなにも 世界(この町)は生きにくい 醜いエゴイズム
孤独な争いは 誰しも救えない
静寂に射抜かれた天使よ

(二度と)還れない (それでも)立ち上がる
鉄の刃で 心を殺してでも
(きっと)許せない (だから)追いかける
自分の胸に 正義に 誓った

いたずらに繰り返す争いなら
もう既に覚悟は決めてあるから
遠い領域(場所)から聞こえてくる
神の声に従うだけ

『悪魔の契約』と 血塗られた身体に 清さはなくなった
逆らい続けても 孤独は癒せない
絶望を問い掛ける天使よ

(夢を)信じたい (だけど)叶わない
こんな世界は 私が変えてみせる
(きっと)取り戻す (すべて)捧げよう
自分の胸に 正義に 祈った

炎が迫り来る この身を焼き尽くす
決して怖くはない
命を賭けてでも 守り抜きたかった
激動を駆け抜ける天使よ

(今は)動くだけ (何を)貫くの
小さく散った勇気(カケラ)を拾い集め
(どんな)暗闇も(全て)打ち砕く
自分の胸に 正義に 刻んだ

私が消えたそのあとも 世界が続くようにずっと願う
その灰さえも煌めいて 誇り高く…